秋になって増えるのは…

 

10月18日 夕方

ある日の日暮れ近く。(↑)
すっかり秋らしい景色になりました。

日没のころは光線の具合が柔らかいので好き。(↓)
18日の夕方
ワタシのカメラって、ちょっと暗くても「明るめに」撮れるんですよね。 ひょっとするとカメラの種類によっては光が弱くて暗すぎる写真になっちゃうかもしれないくらいの光線量でも、ワタシの愛機はわりと平気♡

落ち葉がじゅうたんのようでしたョ。(↓)
落ち葉のじゅうたん

さて、記事タイトルにある「秋になって増えるモノ」といえば!?

「体重」…という人も いるかもですね。 『天高く、馬肥ゆる秋』とか言うし。

幸いなことにワタシの場合は、秋だから太るってことはナイです。夏だからって食欲が落ちるタイプじゃないし、年中無休で食欲旺盛ですので!!
「秋だから太っちゃう」とかいう人は、きっと夏に痩せちゃう人なんでしょ。(^ ^;;

ワタシの場合、秋になって増えるのは「写真を撮る枚数」です。(^_^)

夏の終わりごろは、風景の写真を撮りたくなることがあまりナイんですよね。 晩夏の風景は心をそそられる要素に乏しいというか…。(^ ^;;

でも秋は、黄葉なんて毎年のことだけど、それでも黄葉がキレイになってくると写真を撮りたくなっちゃう。

ハンガリー生活も10年になったので、ブダペストの風景も最初の頃のように何でもかんでも写真を撮っておくような目新しさは もはやありません。 総体的には以前に比べると写真を撮る枚数は減ってきているんじゃないかと思います。  それでもやはり、夏に比べると 秋は写真量が増えるな~、ワタシの場合。(^ ^)

 

人気ブログランキング バナー ローズヒップ

 

秋の一瞬

 

10月16日

10月16日(月)の午後5時頃、
ワタシの最寄り駅で 電車を待ちながら撮った一枚。(↑)

コレ撮った直後に電車が来たので、撮り直しナシの一枚。
秋の日の一瞬を切り取りました…とか言うと、大げさか。(^ ^;;

ま、普通の夕方の風景ですけど、背景に写っている黄葉の盛りであるとか、光の具合とか通り過ぎて行く人や車とかは、本当にその時の一瞬のものですからね~。この写真は、一生頑張ったって、もう二度と撮れない。

今週のブダペストは昼間の気温が20℃を超えるような、10月半ばにしては暖かい日が続きました。 昼間は半そででも大丈夫なくらい。 上の写真(↑)にも、半そで姿の人が写ってますね。(^ ^)

10月というより まるで9月のような気候ではあったのですが、黄葉の色づき具合はまぎれもなく10月のもの。 落ち葉の量もハンパじゃなくなってきました。
(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー 並木道

 

11回目

 

名札

ワタシのフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)での毎年9月のお仕事の一つ。(↑)

自分の日本語クラスの新規の生徒(←ほとんど9年生)たちに、名前を書いた名札を作ってプレゼント☆

片面は「フルネーム(ハンガリー語・カタカナ)」で、もう一方の面は「筆ペンで書いた愛称(カタカナ)」、それに和柄のキレイな折り紙をあしらって出来上がり。

まぁ、ちょっと手間はかかるんですけど、それほどお金をかけずに出来るし、もらった生徒たちは例外なく喜んでくれる。 必須科目でもないワタシの授業を選んでくれた生徒たちには、ちょうど良いプレゼントかな…と思って作っています。

新学期の9月は忙しいのに さらにこんなの作ってると、余計に忙しくなるじゃん!!(>_<)
…とか思うんですけど、
生徒喜ぶし、止める理由もないし…で、初年度から毎年。

考えてみるとワタシ、今年の6月でフニャ高10年目シーズンをクリアしたので、この名札を作るのってもう11回目だわ…。 

今まで何個作ってきたか、いまさら数える気はナイけれど、ずいぶん作ったよなぁ。 最近はだいぶ作る手順が手際よくなってきた気がしていたけれど、それもそのはず、11回目だもんねぇ~~。(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

長音はムズカシイ

 

石畳

長音の発音は意外とムズカシイ。

まず「長音って何だ?」という人もいるかもしれないので説明しておくと、たとえば単語の中に「おとうさん」とか 「おかあさん」など、音をのばすところがある、それが「長音」。

『おじいさん、おばあさん(←長音がある)』と『おさん、おさん(←長音がない)』では、長音の部分の発音を間違えると違う人を指すので注意。

ワタシの生徒たちのなかにも、「高校」のことを「ここ」と発音しちゃう子が多いので、たとえうるさがられても
 『「ここ」じゃなくって「こうこう」!!』
…と注意する。(^ ^;;

長音の発音間違いは、意外と自分では気づきにくいみたいで、直してやらないとずっと直らない…ような気がする。(←当社比)

 

かく言うワタシも、ハンガリー語の長音の発音で苦戦を強いられることがしばしば。(>_<)
ごく最近も、こんなことがありました。

今年からフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)に勤め始めた先生、その名は「アリス」 その人、顔がカワイイ上に、名前もカワイイのでアル。(^ ^)

英語だと「アリス」は「Alice」。 発音する時は 最初のA音にアクセントがつくので、「アーリス」って感じだと思う。(たぶん)

でもハンガリー人の「アリス」の綴りは「Alíz」で、発音は「アリーズ」なんですねぇ~。(←つまり「リ」が長音になって軽くアクセントがつき、「ス」ではなく「ズ」と発音する。)

ある時、ある同僚に
「さっきまでココに誰がいた?」と聞かれたので、
ワタシ、「『アーリズ』がいたよ。」と答えました。

「アリス」の「ス」が ハンガリーでは「ズ」になるのは知ってたので、そこのトコはちゃんと発音したつもり。
でも、全~然通じない!!!!(>_<)

「アーリズ・アーリズ・アーリズ・・・」と、10回以上言い直しをさせられ、ようやくハンガリーの「アリス」は「アーリズ」ではなく「アリーズ」と、「ア」ではなく、「リ」が長音になることが判明したのでした。

でもさ、
ワタシの発音が悪かったのは認めるケド、10回も言い直しさせる前に気づいてくれよ!!!

正直、そう思ってしまったワタクシなのであった…。(;。;)

 

人気ブログランキング バナー ローズヒップ

 

在りし日の…

GLOBUS工場跡

なかなか立派な建物(↑)でしょう?
こういう大きなレンガ造りの建物って、今では新しく建てられることはあまりナイんじゃないでしょうか。

でも 良~く見ると、窓ガラスが割れていたりして、ちょっとうらぶれた感じです。(^ ^;;

ココ(↑)、GLOBUSっていう缶詰メーカーの工場の跡地なんだって。
(GLOBUSは今でもある会社。でも工場は移転してしまったらしい。)

工場棟(↑)の手前にあった、事務所棟の入り口には 在りし日のGLOBUSの受付跡が…。(↓)
受付

約100年前は、こんな感じ(↓)だった…という。
100年前
敷地手前側の大きい通りは今もあるけど、周辺の風景は今とは全然違うなぁ…。

ガラスの映りこみで あまりキレイに撮れませんでしたが、こんな絵(↓)も飾って会ったよ。
雪の日のGlobus
雪の日のGLOBUS工場、在りし日の姿。
きっと絵にしたくなるほど美しかったんでしょうね。(^ ^)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂