日暮れが一番早い週

10月23日

コレら(↑)(↓)は 今から1ヵ月半ほど前、2018年10月23日に撮影しました。
黄葉が美しい頃で、地面に葉っぱがいっぱいで……キレイだったなぁ。

暗くなり始め

撮影時間は午後18時過ぎ頃で、もう街灯が点いてるし、もう夜道の景色になってます。 でも、空の色がまだ日が暮れて間もない感じじゃない? 完全に夜の帳はおりていないような…。
この写真を撮った10月23日は まだサマータイムの期間中だったわけですけど、それを考え合わせても、1ヵ月半前、日暮れの時間は午後18時くらいだったということか。

さて、12月も半ばに近づきつつある現在のブダペストでは、
午後16時を回れば もうこの写真にあるくらいの暗さ(↑)になっちゃってます。

だって今、日暮れの時間が一番早いんですもの~~。(>_<)

そゆわけで、ワタシが職場で愛用している卓上カレンダー登場。(↓)
卓上カレンダー1

卓上カレンダー2

卓上カレンダー3

写真(↑)では文字が小さくて見づらいかと思いますケド、
2018年12月7日(金)、日没の時間が15:52 になり、
その日没時間がそのまま10日間ほど、2018年12月17日(月)まで続きます。

2018年12月18日(火)の日没が、やっと15:53に回復。
以降は徐々に遅くなっていくわけですね~。

…なので、今現在のハンガリーは、一年中で日没が一番早い週。

午後4時には暗くなっちゃうので、夜景を見るには便利ですョ~~。(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

コマーロムの乙女

 
コマーロムの乙女

今日は我が父の誕生日です。
だから恒例により、ケーキの写真(↑)(↓)でお祝い♪

お父さん、
お誕生日おめでとう~~!!
☆\(≧∇≦)/☆

国のケーキ
さて、写真(↑)のケーキは、
2018年のハンガリーの国のケーキ
Komáromi Kisleány
で~す。

『Komáromi Kisleány』を和訳すると、『コマーロムの乙女』
ロマンチックなネーミングですナ!!!

「コマーロム」っていうのはハンガリーのある町の名前で、スロヴァキアをの国境にあります。 ドナウ川の向こう側はスロヴァキア…という場所にある。 橋を歩いてスロヴァキアに行けるんだよ。 そんなお土地柄なので、コマーロムの観光の目玉は『コマーロム要塞』です。(←あまりロマンチックではナイ。でも何かドラマが潜んでいそうではある。)

『Kisleány』の訳語は、普通だと「少女」
でも、「少女」という単語にあてて普通に使われているのは『kislány』で、『leány』という単語が使われるのは、ワタシが観察したところでは、『ハンガリー昔話』みたいな場面。

昔話の中には、若くて賢くて美しい娘さんが出てくるでしょ。
『leány』っていうのは、そういう少女のことらしいのですよ。
(つまり若くても、ずるくて馬鹿な小娘は『leány』に相応しくない。)

だから『leány』の訳語として、あえて『乙女』を選んでみました。(^ ^;;

「ハンガリー 国のケーキ」とは、毎年コンテストがあり、その結果、夏にその年の国のケーキが発表されます。次の年にはまた別のケーキが「今年の国のケーキ」に君臨することになる。

ワタシの見るところ、人気がないケーキは「その年限りで消える運命」にあるようで…。(^ ^;;

『コマーロムの乙女』は、なかなか美味しかったので、来年のハンガリーの国のケーキが発表された後も生き残ってくれると良いなぁ~~♡

では最後に改めて、
お父さん、
お誕生日おめでとう~~~♡(#^.^#)♡

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

フニャ高もアドヴェントなので…

 
フニャ高玄関

2018年12月3日(月)、
12月に入って最初の登校日のフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)玄関ホール。(↑)

玄関ホールの片隅に、日ごろは雑誌やチェス盤などが置いてあって休み時間などに生徒が時間つぶしできるスペースが、…変わっていました♪

プレゼントの山とアドヴェント・リース☆(↓)
プレゼントの山

もうアドヴェント(待降節)だもんにゃ~~~♪

このアドヴェント・リース(↓)、大きいでしょ。
フニャ高のアドヴェントリース
毎年この時期、フニャ高ではコレ(↑)を律儀に飾り付けます。
以前は玄関ホールの天井に吊るして飾っていたんだけど、去年からは置くことにしたみたいよ。(^ ^;;

いよいよクリスマス(冬休み)が近づいてくる頃には、今年もクリスマスツリーが飾り付けられることでしょう。

小・中・高校と、日本の公立校に通っていたワタシとしては、クリスマス前ともなると校内がクリスマスモード化されていくフニャ高が、いまだにちょっと新鮮だったりします。(^ ^)

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

エコ牛乳

 

袋入り牛乳

10年ほど前にハンガリーへ来たばかりの頃、驚いたこと。
『牛乳が袋入りで売っていた。』(↑)

『袋入り牛乳』って日本では見たことなかったです、ワタシ。

「袋が破れたりしないのか!?」とか、当然考えることだと思いますけど、まぁ確かに破れることもあるようで、流れ出た牛乳で水浸しってのも 良く見る光景でした。(^ ^;;

そんな流通上の不便さも理由の一つだと思いますが、最近は日本でもお馴染みの牛乳パック入りの牛乳のほうが主流になり、袋入り牛乳を見かけるのは稀になってきました。

「袋入り牛乳は どうやって『立たせる』のか!?」という問題のほうは、袋入り牛乳が主流だったころは、プラスチック製の袋入り牛乳専用スタンドが売ってたらしく、1リットルを一度に使い切ってしまわなくても大丈夫だったのです。

ただし、今はその『専用スタンド』がもう出回ってないのよね。
ワタシもスタンドが欲しかったんだけど見つからなくって、持っている人のを見ただけです。

『袋入り牛乳』、ゴミが少なくって エコなんですケドねぇ…。

あ、ちなみに生クリームなどは もっと小さいサイズなので、今もビニール袋入りが多いですよ~~。

エコでしょ。(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

中国のSAKURA

Sakura

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の職員室にて。
ある同僚の机の上に『このような箱(↑)』がありました。

ローマ字だけど、「SAKURA」という日本語に反応してしまったのですよ。 日常的に外国語(←主にハンガリー語)に囲まれて暮らしているので、日本語に反応しちゃうんです。
(^ ^;;

「日本製なのかな~?
でも箱が古そうだから、中味はもう違うのかも…」
…などと思いつつ眺めていたら、桜の図案が ちょっと梅っぽいような気がしてきましたョ!(^ ^;;

日本人にとって、桜と梅は別物!
コレって、ホントに日本製?

そう思って見てみたら、
『原産国:中国』でした。(↓)
中国製

何か、納得…。(^ ^;;
中国では桜よりも梅とか桃のほうが好まれていそうだもんね? 何となくイメージですが。
 

人気ブログランキングバナー・マグノリア