何回観てもワクワクする。

授業…

今年もクリスマス休暇に入る前の9年生の授業で、『となりのトトロを観ました。
しかも、9年生のクラスは2つあるため、連日で2回!!
(^ ^;;

教師としての独断と偏見により、
「まがりなりにも日本語を勉強していると言うのなら、『となりのトトロ』は常識として一度は観ておくべし!!」…と、大真面目に考えてのことです。
ヾ(  ̄▽)ゞ


となりのトトロ [DVD]

こうして毎年 生徒に『となりのトトロ』を観させているので、ワタシ自身はこの映画を我が人生で何回観たことか……もう数えきれません。(^ ^;;
それでもサツキが猫バスに乗って田畑や森を駆け抜けるシーンとかを観るとワクワクしちゃうんだよねぇ~~♪(#^.^#)♪

しみじみと傑作だわ、『となりのトトロ』は…。

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

BÚÉK!!!

 

2019年新年

2019年の幕開けです☆
BÚÉK!!!

BÚÉK!とは、ハンガリー語の新年の挨拶言葉『Boldog Új Évet Kívánok!』の頭文字取りをした略語です。
日本語の「あけおめ、ことよろ」みたいな感じですか。(^ ^;;

ホント言うと、「あけおめ、ことよろ」とか「メリクリ」的略語は ワタシ、好きじゃなかったです。
今も、特に好きなわけじゃありませんけど、何というか…
慣れてきちゃった感じィ…? (^ ^;;

でも、ハンガリー人の高校生たちに日本語を教えることを生業にしている身としては、
「あけましておめでとうございます。
 今年もどうぞ よろしくお願いいたします。」
…と、言えと言われて すぐに言えるようになる子は少数派だろうな…と思うわけ。

でも、
「あけおめ、ことよろ!」
コレだけなら、10人中9人は一発でイケるんじゃないか!?

そんなコトを考えるのであります。(^ ^;;

それでは、皆様、
明けましておめでとう存じます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
(^O^)

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

すごく差が出る

 
金曜日

コレ、ひらがな学習中の生徒たちが書きました。(↑)

ワタシが命令して書かせたわけではありません。 生徒のほうが、「黒板に書きたい」と言ったんです。好きにさせておいたら、ワタシが他の生徒と話している間に、ひらがな表が出来上がっていたの。

コレ(↑)を書いた子たちは、ひらがな学習が問題なく上手くいった例。

ちなみに書き順も正しく覚えてる子たちですョ。 やはりキレイに読みやすく書くには書き順が大切だと思うし、当面そんな予定はナイけれど、もし『書道体験』とかをする機会があったら、書き順正しくないとダメでしょ。

だからワタシ、わりと書き順にウルサイ先生なの。(^ ^;;

一方、ひらがな学習につまづいてしまって、書くのはおろか、読むのもおぼつかない…そういう生徒が出てくる時期でもあります。

フニャ高の日本語はクラブ活動扱いで成績がつかないので、ぶっちゃけた話、ひらがな覚えられなくても落第することはナイので、生徒にとっては ひらがななんて覚えなくても痛くも痒くもないんですよね。

授業には来ても、何も覚えたくない生徒。
ひらがな覚えられたのが嬉しくて、早くカタカナに進みたいと思っている生徒。

そういう生徒たちを一緒に教えなくちゃならないのって、難しい……

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

新しいカタカナの発明

 

とくべつな拗音

ワタシが日本語を教える相手は100%ハンガリー語が出来る人たち。
だから、ひらがな・カタカナを教える時には、ハンガリー日本語教師会(略称MJOT)が製作した『ひらがな・カタカナ練習帳』を使ってます。

上写真(↑)は その中の一ページで、ワタシの練習帳ではなく、ワタシの生徒の練習帳なの。

で、この『ラクガキ』(↓)は、その生徒が書いたもの。
ラクガキ?

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の日本語クラスに通う生徒たちは、訳あって「ハンガリー人の名前をカタカナではどう書くか」という活動に、かなり真剣に取り組むことになってます。

そんな時、「ハンガリー語にはあるが、日本語には存在しない音が含まれている名前に、どのカタカナを当てはめるのが適当か!?」という問題が起きるんです。

例えば、英語(女性)名の「クリスティーナ」という名前。
現在は「ティ」の字が一般化しているから「クリスティーナ」だけど、「ティ」が一般化していなかった時代には「クリスチーナ」とか書くしかなかったんじゃないの? 「ヴィクトリア」は「ビクトリア」とかさ。 そういうコトです。

で、ハンガリー語の「gyö」とか「gyü」、または「ty」とか「r (←Rの子音のみ)は、ちょうど良く対応してくれるカタカナが無い!!
だから既存のカタカナで、まぁまぁ近いものを選んで当てはめるには…とか、ワタシが言っていた時に、生徒が大真面目に「発明した」新カタカナなのです。(↓)
新カタカナ
ラクガキのようだが、ラクガキではなかった!!!!

いかがでしょう。
日本の皆さんに受け入れてもらえそうでしょうか……???
(^ ^;;

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

夏休みの読書

 

『漢字のツボ』

今年のワタシの夏休みの読書。
読了した『ハリポタ新作』を図書館に返却して、次に借りてきたのがコレ。(↑)

漢字の知識が増えるトリビア本です♪
こういう知識が増えると、漢字を教えるときに役に立つ時もあるかな~と思って!!

漢字は日本語学習の最大難関の一つ…ですからね。
教えるほうも勉強しないと。(^^;

そういえば、
「夏休み中、漢字の自習をする!!」と言っていた生徒は勉強進んでいるだろうか?
その子はカタカナをひと通り習ったところだったので、あえて漢字なんてやらなくても、カタカナの復習をみっちりやっておいてくれれば、ワタシは満足なんだけどなぁ~~。

 

banner(6)