ローズヒップは酸っぱくないの?

ローズヒップジュース

ローズヒップのジュースがあったので飲んでみました。(↑)

ほれ、ローズヒップといえばビタミンC!
ビタミンCが豊富だと言うじゃないですか♪

ちなみに「ビタミンCを発見した人」はセント-ジュルジ アルベルト(Szent-Györgyi Albert)っていうハンガリー人なんですよ。 ビタミンCの発見の功績により、ノーベル賞受賞を受賞した偉い人です、ハンガリーでは!!

で、ローズヒップのジュースの話に戻ります。

ローズヒップというと、ワタシにとっては「ローズヒップのお茶」が一番のお馴染み。

ローズヒップのお茶って、けっこう酸味が強いよね。慣れると美味しいけどね。

だからローズヒップのジュースも、きっと酸味がキツイのであろうと覚悟して飲んでみたデス。 多少の酸味ごときは 美容のためならナンのそのなのデス!!

ところが、ローズヒップジュースは全然酸っぱくなかった!!
これがローズヒップの味なのか!?

ではでは、ローズヒップのお茶の酸っぱさは何だ?
実はローズヒップのお茶には付き物のハイビスカスが酸っぱいのか!?

何というか、酸っぱくないと ビタミンCの効果も疑いたくなっちゃうよね~。
そんなことナイ~!? (^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

フニャ高☆先週の給食 シーズン4-37 (2018.06.11~06.14)

2018年6月11日給食

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の給食ファンの皆さま、ごきげんよう。(^_^)

当ブログ唯一の人気シリーズ、「フニャ高☆先週の給食」~!
ハンガリーの高校の給食を週一ペースでお届けしています。

今回は、フニャ高2017-2018年度、給食開始37週目のフニャ高給食をご紹介。

フニャ高は…というより、ハンガリーの学生たち全般が夏休みに突入しました~~!!!
…というわけで、今学年度の勤務はまだ続いておりますんデスが、今年度の授業は先週で終了。給食も終了いたしました。

あぁ、ワタシは今年も給食を食べきったぜ!!

…ではでは、先週の給食、2018年06月11日(月) ~ 06月14日(木)までの4回分で~す。ドゾ!!

まず上写真(↑)は、06月11日(月)のフニャ高給食。

メニューは、
●バコニの無法者スープ
●荒挽き小麦まぶしパスタ、杏のジャムと粉砂糖がけ(←甘いパスタ)
●リンゴ

 

次、06月12日(火)は、
2018年6月12日給食
●パスタ入りスープ
●キャベツのトマト煮込み、ヴァグダルト添え(←ヴァグダルトはメンチカツに似てる。でもメンチカツのほうが美味しい。)
●チョコ風味のソフトクッキー(みたいなもの)

 

 

次、06月13日(水)は、
2018年6月13日給食
●キノコのスープ
●アヒルのレバーの煮込みがけジャガイモ
●サラダ二種

 

次、06月14日(木)は、
2018年6月14日給食
●サワークリーム風味のコールラビスープ
●チーズ入り白身魚のフライとゴハン、タルタルソースがけ

 

先週の給食のメニュー(ハンガリー語)はコチラ(↓)
2018年6月11日メニュー

 

2017-2018年度第37週目、今学年度最終回の給食写真、お楽しみいただけましたか~?

月曜日のメインは『荒挽き小麦まぶしパスタ、杏のジャムと粉砂糖がけ』(↓)
甘いパスタ

出~た~な~~、甘いパスタがっ!! (^ ^;;
(このパスタ、しばらく出てきてなかったけど…)

ジャムと粉砂糖とか、パスタにかけるんだよねぇ…。
ハンガリー人は、それを変だとも、不思議だとも思わないんだよねぇ…。

でもワタシは、甘いパスタが好きではないとしても、給食に出てくりゃ食べちゃってるわけで…、ま、コレを変だとか言う資格、ワタシにはナイかなぁ!?…とか思うですよ。 だから無口になる。(^ ^;;

あ、そういえば日本のスーパーだと、粉砂糖って製菓コーナーにひっそりと、しかもけっこう小さい袋で売ってたりするでしょ? でもハンガリーのスーパーでは、粉砂糖が1キロ入りの袋で売ってるんです。売り場面積も広いですよ!!

ハンガリー人の粉砂糖消費の多さは、お菓子作りだけでなく、メインディッシュ(パスタ)の味付けにも使われているせいなんだろうナ!!

 

以上、フニャ高給食 一週間でした~♪ (^_^)/
…と、2017-2018学年度の最終回。
今年もお付き合い、どうもありがとございました~~~!!

 

人気ブログランキング・給食

 

一族郎党参列卒業式

卒業式の校庭

子どもらが、羨ましくも妬ましいことにめでたく夏休み入りしたハンガリーからコンニチハ。(^ ^;;

上写真(↑)は、ちょっと時間を遡った2018年5月4日(金)、卒業式の日のフニャ高校庭。

「参列している」…というよりも、「何かワラワラと集まっている」という表現のほうが相応しいような父兄の皆さん。 こう言っちゃ失礼かもしれないけど、服装もけっこう普段着ですよね? 日本の学校の卒業式の感覚でいうと???

卒業生諸君が「超☆晴れ姿」(↓)であるのに比べると……
華やか晴れ着

普通っぽい参列者の皆様。(↓)
参列者

(^ ^;;

またこの参列者の顔ぶれが、赤ん坊からお年寄りまで、文字通りの老若男女なんですよね~。

コレ、卒業生本人の親(両親)だけじゃなくって、祖父母や兄弟、さらには叔父叔母などの親戚およびその子ども…といった、一族郎党が集結しているらしいのよね~~。
(もちろん各家庭の事情にもよると思うけどサ。)
それに加えて、親戚以外に「卒業生の友達」というカテゴリーの参列者もいるらしい。

参列者が老若男女多種雑多なはずですよ。(^ ^;;

ワタシの場合、小・中・高・大学と、卒業式に父兄が一度も来なかった子ども時代だったので、なんかビックリだよ。 …というか、葬式・結婚式でもない 子どもの卒業式で親戚一同が集まるなんて、軽くカルチャーショックだわ~。

 

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

昼間が3分の2

卓上カレンダー

ワタシがフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)職員室で愛用している いつもの卓上カレンダー。(↑)
この卓上カレンダー(↑)を使っているのは、毎日の日の出・日の入り時刻をチェックするため…と言っても間違いではナイ。

さて今回は、今週(↓)
今週

来週(↓)
来週

再来週(↓)…までをまとめてチェックするよ♪
再来週

 

まずは6月13日(水)の日の出の時間をチェックだ!!(↓)
6月13日~

2018年6月12日(火)の日の出は 04:46 で、
2018年6月13日(水)の日の出が 04:45 です。
日の出 04:45 は、来週の 6月22日(金)まで続きます。(↓)

そして 6月23日(土)には、日の出時間が 04:46 となり、
再びお日様が出てくる時間は遅くなっていく…つまり、6月13日(水)~6月22日(金)までの10日間が、一年で一番日の出の早い時なのでありま~す。

夏至

 

では、日の入り時刻のほうはというと、
再来週、6月26日(火)~28日(木)の日没時間をチェック!!(↓)
日没

2018年6月25日(月)の日没        20:44
2018年6月26日(火)~28日(木)までの日没 20:45
2018年6月29日(金)           20:44

…というわけで、日没が一番遅いのは、6月26日(火)~6月28日(木)までの3日間。

今年の夏至は6月21日(木) だとのことですが、
大雑把に言って、これから先の6月後半は ハンガリーの昼間は16時間!!
一日のうちの3分の2が昼間で~す。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

フニャ高☆先週の給食 シーズン4-36 (2018.06.04~06.07)

2018年6月4日給食

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の給食ファンの皆さま、ごきげんよう。(^_^)

当ブログ唯一の人気シリーズ、「フニャ高☆先週の給食」~!
ハンガリーの高校の給食を週一ペースでお届けしています。

今回は、フニャ高2017-2018年度、給食開始36週目のフニャ高給食をご紹介。

今週は今学年度(2017-2018年度)の最終週。
今週金曜日(6月15日)で今年度の授業は終わり、6月16日から8月31日まで 2ヵ月半の夏休みです。夏休みが長くって羨ましいナ、ハンガリーの子どもは!!!

今週が最終週ということは、この「フニャ高☆先週の給食」シリーズ、次回が今年度の最終回となります~。 このシリーズも、すっかりご長寿シリーズに…。(^ ^;;

…ではでは、先週の給食、2018年06月04日(月) ~ 06月07日(木)までの4回分で~す。ドゾ!!

まず上写真(↑)は、06月04日(月)のフニャ高給食。

メニューは、
●自家製お団子入りスープ
●グリーンピースのフーゼレーク、ソーセージ添え
●オレンジ

 

次、06月05日(火)は、
2018年6月5日給食
●レゲーニフォゴースープ
●スポンジケーキのチョコレートソースがけ

 

 

次、06月06日(水)は、
2018年6月6日給食
●偽グヤーシュスープ
●きのことトリ胸肉のクリーム煮がけゴハン
●サラダ

 

次、06月07日(木)は、
2018年5月7日給食
●黄色いえんどう豆のピュレースープ
●トリ胸肉のフライとジャガイモ
●サラダ

 

先週の給食のメニュー(ハンガリー語)はコチラ(↓)
2018年6月4日メニュー

 

2017-2018年度第36週目の給食写真、お楽しみいただけましたか~?

火曜日のスープは『レゲーニフォゴースープ』(↓)
レゲーニフォゴースープ

この給食シリーズ、料理名で日本語に翻訳できる単語は できるだけ日本語にするように心がけておりますぅ~。(^ ^;;

でも、この「レゲーニフォゴー」は翻訳するのがチョイ難しい。

あ、自分自身の名誉のために言っとくけど、意味が分からないんじゃないからっ!!
意味は分かるけど、料理の名前として上手いことまとまった和訳をするのが難しいの。

「レゲーニ(legény)」という単語(ハンガリー語)は、「若者(若い男性)」のこと。さらに限定すると「独身の若者」を指す。
ま、つまり何と言うか、ただ若くて男なら誰でも「レゲーニ」と呼べるかというと微妙で、ガラの悪いゴロツキみたいなのは「レゲーニ」と呼ぶのには相応しくナイ。(^ ^;; 「レゲーニ」っていうと、「お婿さんに来てほしいようなステキな独身の若者」のイメージなのです。ヾ(  ̄▽)ゞ

で、そんな「婿にしたいようなステキな独身男」が我が家を訪れたとしよう!
そんな時、一家の主人としては、将来有望な若者を婿に迎えようと、娘にこの「レゲーニフォゴースープ」を作らせる。
そして、
「おぉ、こんな美味いスープを作れる娘さんと、オレは結婚したい♡」
…と、有望な若人を胃袋から攻略しようという寸法だ。(^ ^;;

つまり「レゲーニフォゴースープ」を和訳すると、「婿さん捕まえスープ」とか、そんな感じ。
料理の名前としては、けっこう異色かもしれません。

 

以上、フニャ高給食 一週間でした~♪ (^_^)/

 

人気ブログランキング・給食