卵に羽が生えている。

 
卵

ハンガリーのスーパーで卵を買う時、
ボックスの中の卵が1個や2個割れていることは「非常によくあること」なので、買う前にフタを開け、中を確認するのは必須です。

ワタシの場合、最初の箱を開けて確認したらやっぱり割れてて、2箱目、3箱目…と次々と開けて確認するのも珍しいことではナイ。

そういうもんなんですよ。(^ ^;;

辛抱強く箱開け確認を行っていくと、殻が割れてない商品にたどりつけることもある。(たどりつけなかった場合は、その日、そこで卵を買うことはあきらめる。)

しかし、そんな殻は無事な卵たちにも、その卵をこの世に生み出してくれたメンドリさんのモノと思われる「羽」だとか、「ウン×」とかがくっついているのさ。
ワイルドだぜ。(^ ^;;

ハンガリー暮らしも10年超えてるワタクシなので、割れてる卵は買わんケド、羽やウン×のついた「ワイルドな卵」は買うね!
だって、パックの中の全部の卵が割れてなくって、しかも「ワイルドじゃない」なんて…そんな卵を探していたら、卵を食べられなくなるからな!!!

しかし、なぜか日本では卵が割れてるってこと、ナイよね~。
ワイルド系の卵も、スーパーでは見ることないよね~。

近頃はだいぶパプリ化(←外国人がハンガリー生活に慣れ、ハンガリー化するコト)してしまって、あまりに美しく清潔な日本の卵を思うと、逆に「日本のアレはいったいどんな魔法を使っているのやら…」とか、思うのでア~ル。

人気ブログランキング バナー グヤーシュ

 

 

コマーロムの乙女

 
コマーロムの乙女

今日は我が父の誕生日です。
だから恒例により、ケーキの写真(↑)(↓)でお祝い♪

お父さん、
お誕生日おめでとう~~!!
☆\(≧∇≦)/☆

国のケーキ
さて、写真(↑)のケーキは、
2018年のハンガリーの国のケーキ
Komáromi Kisleány
で~す。

『Komáromi Kisleány』を和訳すると、『コマーロムの乙女』
ロマンチックなネーミングですナ!!!

「コマーロム」っていうのはハンガリーのある町の名前で、スロヴァキアをの国境にあります。 ドナウ川の向こう側はスロヴァキア…という場所にある。 橋を歩いてスロヴァキアに行けるんだよ。 そんなお土地柄なので、コマーロムの観光の目玉は『コマーロム要塞』です。(←あまりロマンチックではナイ。でも何かドラマが潜んでいそうではある。)

『Kisleány』の訳語は、普通だと「少女」
でも、「少女」という単語にあてて普通に使われているのは『kislány』で、『leány』という単語が使われるのは、ワタシが観察したところでは、『ハンガリー昔話』みたいな場面。

昔話の中には、若くて賢くて美しい娘さんが出てくるでしょ。
『leány』っていうのは、そういう少女のことらしいのですよ。
(つまり若くても、ずるくて馬鹿な小娘は『leány』に相応しくない。)

だから『leány』の訳語として、あえて『乙女』を選んでみました。(^ ^;;

「ハンガリー 国のケーキ」とは、毎年コンテストがあり、その結果、夏にその年の国のケーキが発表されます。次の年にはまた別のケーキが「今年の国のケーキ」に君臨することになる。

ワタシの見るところ、人気がないケーキは「その年限りで消える運命」にあるようで…。(^ ^;;

『コマーロムの乙女』は、なかなか美味しかったので、来年のハンガリーの国のケーキが発表された後も生き残ってくれると良いなぁ~~♡

では最後に改めて、
お父さん、
お誕生日おめでとう~~~♡(#^.^#)♡

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

「鳥のミルク」はカスタード味

鳥のミルク

 

ハンガリーに『マダールテイ(madártej)』なるデザートがあります。

ハンガリー語で
『マダール(madár)』は『鳥・鳥類』のこと。
『テイ(tej)』は『ミルク』のことです。

だから『マダールテイ(madártej)』とは日本語に訳すと『鳥のミルク』
ナンじゃそりゃ!?…というネーミングの食べ物です。
鳥と哺乳類の両方の特色を持つという「カモノハシ」のミルクですか?…な~んてね。(^ ^;;

そんなコト言って、実はワタシは『マダールテイ(madártej)』を食べたことがナイの。ネットで写真を見ると、カスタードにメレンゲをあしらったような食べ物みたいなんですけどね。

『マダールテイ(madártej)』というデザートは食べたことがありませんが、スーパーによく『マダールテイ(madártej)味』の飲み物が売っています。(↑)

職場のフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)でも、よく飲んでいる人を見かけるので、根強い人気のドリンクみたいなんですよね~。(^ ^;;

さて『マダールテイ(madártej)』、ズバリ「カスタード味のドリンク」です。
カスタードクリームが好きな人なら美味しいと思うだろうと思う。カスタード味そのものなので、カスタードクリームが嫌いな人はやめておいたほうが無難でしょう。 でも何か甘い飲み物が飲みたい時にはイイかも。(^ ^)

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

2018年は9月22日から秋になりました。

2018年9月22日(土)バス停

2018年9月22日(土)、ブダペストに秋が訪れました!

いや~、今年は9月に入ってもずっと「夏!」と言っても構わんような快晴の日々が続いていたのです。

さすがに朝晩は多少冷え込むようになったものの、昼間は25℃以上になり 雨も降らなかったので、ワタシも半そでTシャツにサンダルで過ごしていたの!
9月21日(金)まではね。

気持ちの良い快晴の金曜日が明けての9月22日(土)、時々雨が降る 暗~~い曇天、しかも風が強い!! そして寒い!!!
バス停(↑)でバスを待つ人々の服装も、前日までの夏服は見る影も無かった。

連日の好天は何処へ行ってしまったのぉぉ!? (>_<)

でもブダペストの秋って、こんな風に突然訪れる年が けっこう多い気もします。一夜明けたら前日と比較して気温マイナス10℃差くらい…とかね。 極端でビックリさせられるけどさ~。

何はともあれ、こう突然 秋が来てしまった後、夏の気候が復活してくることはないでしょう。

…というわけで、ブダペストは秋になりました。
これからブダペストへご訪問のかたは、少し暖かめの服装をご準備ください。
(^ ^)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

空から見るブダペスト観光スポット

2018年7月4日

2018年7月4日(水)、上空から見たブダペスト。(↑)

上の写真(↑)をアプリで加工してみました。
ちょっと見易くなった…でしょ?(↓)
2018年7月4日加工

この加工写真(↑)にある『国会議事堂』はコレ。(↓)
国会議事堂

『マーチャーシュ教会』(↓)
マーチャーシュ教会

『漁夫の砦』(↓)
漁夫の砦
『漁夫の砦』って、下の方から撮ると『マーチャーシュ教会』と一体化しちゃうんだよね。
それでもって、『マーチャーシュ教会』って、空から見ると すぐそばに建ってるホテルとも一体化してるね。

「だから何だ」と言われれば、「ただそれだけ。」ですが。(^^;

聖イシュトヴァーン像

ま、この辺のところ(↑)はブダペストに行ったら必ず見に行く観光スポットですな。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂