晴れ男・晴れ女、去る。

 

2018年2月11日

2017年2月11日(日)の午後2時頃。(↑)
この週末、寒さが厳しい年にはドナウ川に流氷がドンブラコと流れることがある2月とは思えない良いお天気でした。
今冬の日本は寒いそうですけど、こちらブダペストは今冬、比較的暖冬です。

この週末 2月10日(土)、11日(日)、ワタシは2日連続の日本語教育研修会に参加してました。 ハンガリー国内だけでなく、ハンガリー国外(←主に中東欧圏)からも日本語の先生たちが集まる大きい研修会。毎年2月にブダペストで行われています。

ハンガリー国外から来る先生は やはり大学の先生がほとんど(←ハンガリー国内の先生も大学の先生が多いケド)なので、参加者のレベルが高くて気がひけることこの上ない面もあるんですが、色々と勉強になるし、刺激ももらえるし、ナンといっても地元のブダペストで開催なので、今年も参加したんです。

上の写真(↑)を撮ったのは、研修の2日目が午後1時頃に終了した後、
生徒たちの注文品(↓)を買いに行くために、寄り道をした途中。(^ ^)
ひらがな・カタカナ絵カード

コレ(↑)を買いにいくために ちょっと歩かなくちゃならなかったけど、歩くのが苦にならないイイ天気♪ 歩いているうちに、ちょっと汗ばんでくるくらいでした。

しかし、そんな快晴だった2月の日曜日の翌日、12日(月)のブダペストのお天気は曇りのち雨。13日(火)の朝は、雪。 「やっぱ、冬だもんね…」の空模様に逆戻り。

ハンガリー国外から研修に参加していたパワフルな晴れ男・晴れ女の先生たちがブダペストを去ってしまわれたせいかもしれません…。(;-;)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

一人勝手に思っているコト

 

冬の広場

だいぶ昔のことですが、偶然テレビをつけた時、どこか北極に近い国(←たぶん北欧の何処か)のドキュメンタリー番組の途中だったです。

番組も もう終わりかけの時だったし、ハンガリー語放送の内容をどこまで正確に理解できたかは、自分でも微妙…なんですけど、
番組の内容を簡単にいうと、

「その土地」では、冬至の時期を挟んだある程度の期間(←たぶん1ヶ月とか?)まったく太陽が昇らない時期がある。
その一日中陽が昇らない真っ暗な期間が終わり、(たぶん)一ヶ月ぶり(とか?)に水平線の向こうのほうに低く太陽が昇ってくる日、太陽の復活を喜ぶ儀式を行う…というような内容。

世界にはそういう所だってあるんだよねぇ…。

ちなみにブダペストの北緯は、日本の北海道の さらに最北端も最北端の辺り。 つまりほとんどの日本の土地よりも北極に近いわけです。

だから、たいていの日本の地域よりも冬は日が短いの。

だからワタシは、もう分かっていてもなお
「ブダペストの冬は日が短くてイヤ~~!!(>_<)」…となるわけですが、
ハンガリーはヨーロッパの中では比較的「南国」なので、ハンガリーよりも日が短くなる地域にも国がいっぱいあって、そこに住んでる人々もいる。

北の人たちは辛抱強いよなぁ。
よく耐えているよなぁぁ~。
むしろ北のほうの人たちのほうが、南へ移住(移民)したくなるんじゃなかろうか!?

…とか、勝手に北欧の皆さまにご同情申し上げているワタシなのであった。(←余計なお世話)(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

土曜の午後のにわか雪

 

2月3日(土)

先週末(2月3日)、土曜日の午後。(↑)

1月20日(土)・1月27日(土)と、ワタシ、2週続けて土曜日も仕事日だったもんで、先週末は「久々休みの土曜日だぁ~♪」とダラダラしていたらば、あっという間に午後になってしもうた。(^ ^;;

いくら休みでも 一日中ウチに籠っているのは芸がないから…と、ちょっと外へ出てこようかと思った午後に この天気。(↑)(↓)
雪

枯葉

降り始めは雨で、かなりの降り。
それが時間もたたないうちに霙に変わり、さらに雪へと。 

サラサラの粉雪だったら、傘をささずにジャケットにフードで出かけちゃうんですけど、この日の雪は水分が多いぼた雪で、雪でも傘ささないとずぶぬれになりそうだった…。(>_<)
誰かと会う約束があるわけでもナイのに、そんな雪が大降りの中、外へ出て行く元気はないワタシなのであった。

そのようにして外出する機会を失った土曜日でしたが、日暮れのころには雪も止んでいまして。

さらに翌日の日曜日は、2月初旬には似つかわしくないほど良く晴れて、日曜の午後に外へ出たら、このように(↓)、前日雪が降っていたのがウソのようだったのでした。
2月4日

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

また日曜日

 

2018年1月22日

1月21日(日)の朝、
窓の外はまたいきなりの雪景色でした。(↑)

「また」というのは、その一週間前の1月14日(日)も 朝起きたら雪景色でビックリした…とか、ブログにも書いた記憶も新しかったから。(参照過去記事はコチラ

また突然の雪景色。 そして、また日曜日。
先週降った雪は、先週前半くらいでとけてしまったので、この写真(↑)(↓)に写っている雪はすべて新雪。

雪景色

その前日、1月20日(土)は 晴れだったんですよ~~。
ちょっと久しぶりに♪(^ ^)

だからてっきり これからちょっとお天気の良い日が続くのかと思っていたらば、一晩明けての雪景色。
コレだから、ブダペストの天気(と天気予報)は信用できない。(^ ^;;

ま、良かったですよね。入試の日(土曜日)が雪じゃなくってさ~。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

ある意味、理想的な…

 

雪の日

予想外の雪景色にビックリした日曜日の朝。(←過去記事参照のこと)
その日は日曜日で、特別出かける用事もなかったため、自宅篭もりをキメ込んでおりました。(^ ^;;

そして休みの日の時間は光速で過ぎ、あっという間に午後になる。(>_<)

明るくなってからさらに雪が降っている様子はなかったのですが、昼を過ぎても木の枝に積もった雪がとけずに残っていました。

電線とかにも、こんもりと雪。(↓)
電線に雪

それらが全然とける気配がない…。
一晩で積もった雪がとけないほど、今日は外が寒いのであろうか…???

…と思って、
夕方近くになって、重い腰を持ち上げて 外へ出てみました。

すると、木々や家々の屋根の上には雪が積もっているのに、道路や歩道の路面には雪が全~然なかったのでした。(↓)
2018年1月14日

ふつう、目に付くところに雪が積もっている時は、だいたい足元にも雪が積もっていて、歩く時には注意しなくちゃならないのにね。

イムレU

足元の心配することなく歩くことができて、目ではキレイな雪景色を楽しむことができる。何て理想的♡(←どんよりとした曇り空ではあったが)

そういう「雪の日」もあるんですなぁ…。

 

人気ブログランキング バナー 並木道