チョコレートたたき売り

リンツのウサギ

ハンガリー人はチョコレートが大好き♡♡♡
だからクリスマスにはサンタのチョコ、そしてイースターにはイースターラビットやタマゴ型のチョコレートが 例年店頭を賑わすのです。

日本ではクリスマスはともかく、イースターはそれほど大きい祭日ではありませんが、キリスト教国ではイースターはクリスマスに次ぐ重要な祭日。 ハンガリーも例外ではなく、イースターには親戚が集まってご馳走を食べたり、イースターのチョコをプレゼントしたり……

ところが、今年のイースター(←4月半ばでした)はコロナウィルスによる外出制限が厳しくて、親戚が集まったりとか、あまりできなかったみたいです。(´;ω;`)

タマゴチョコ

だから、今年はイースターのチョコレートも例年とは段違いに売れ残った模様。
この記事に貼った写真(↑)(↓)は、イースターから一か月も経った5月半ばに撮影。

ミルカのウサギ

イースターの1か月後に、こんなに大量のイースターチョコが売れ残ってるなんて、前代未聞ですわ。( ゚Д゚)
お値段の方も、たたき売りと言ってイイんじゃないかってくらい値引きされてましたケド、それでも あまり売れてる感じじゃなかった。( ;∀;)

今さらイースターのチョコを買って他人様に差し上げるのもナンだし、かと言って、自分で食べるなら、フツーのチョコレートのほうがイイもんね!?

 

 

人気ブログランキング バナー コーヒー

 

 

シャイン君の花名

 ナデシコ科

最近お気に入りのアプリハナノナ
お花に向けてスマホをかざすと、人工知能でその花の名前を判定してくれます♪

Twitterで、自分のペット(犬とか猫とか)を『ハナノナ』で撮って遊んでいる人たちがいたので、真似をしてシャインくんを撮ってみました。(↑)

シャインくん、君は「ナデシコ科」だったの?

でも、『ハナノナ』の人工知能も、判定には迷いがあったようで、
または、「サイカク」(↓)…とも。
サイカク

もはやどんな花なのか、ワタシの知らない花の名が出てきた~~。
( ;∀;)

なんか楽しいね♪♪♪
( *´艸`)

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

人工知能も迷うんです。

クサニワトコ

スマホをお花に向けてかざすと 人工知能が その花の名前を判定してくれるアプリ『ハナノナ』🌸 (関連過去記事はコチラ)

植物の種類は数が知れないので人工知能でも判定に迷うらしく、
同じお花でも『クサニワトコ』(↑)と言ったり、『ハナウド』(↓)と言ったりする。
ハナウド

これ(↑)はハンガリーでは「ボッザ(bodza)」と呼ばれているお花だと思います。
でも、似たような感じの花で違う種類のもあるらしいので、ワタシは見分ける自信がナイ。(´;ω;`)

でも人工知能も迷うんだと思うと、ちょっと安心するな!! ヾ(  ̄▽)ゞ

近頃 咲き始めた「ローズヒップ」は、『ハナノナ』によると『ロサ・モスカータ』だそうです。(↓)
ローズヒップ
なんかスペイン人みたいな名前に……。(^^;

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

違うものだな…

アカシア

ハンガリー国内でのコロナウィルスの感染者は全国的に居るものの、その大半は首都ブダペストとその周辺に集中している!( ;∀;)
…という理由により、5月に入ってから ハンガリーの地方では外出制限が緩和されていたものの、ブダペストでは相変わらずの厳しい状態が続いていました。

それが今週から、ようやくブダペストでも緩和されたんです~♪
\(^_^)/

今も相変わらず、対人距離を保つとか、マスク着用とかの制限はあるのですが、そういった制限を守れば、食料品・薬品以外を扱うお店も営業ができるようになったらしい。

それを確かめるため…というわけではなく、いつも通りの食料品の買い出しのため、緩和されたばかりの月曜日(2020年5月18日)に ショッピングモールへ行ってみたところ、ここ1か月以上、ずっとシャッターが下りたままだった衣料品店とかが営業再開していて、ちょっと人も多かったで~す。

あと、道路に車も増えてた!
バスに乗っても、最近にしては乗客が多かったし!!

その一方、まだ閉まっているお店も多かったですし、人出のほうも通常通りには程遠かったですけど、制限緩和されただけで ずいぶん違うものだなぁ…と思った月曜の午後でした。( ̄▽ ̄)

早くフツーの生活に戻りたいよね~~。

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

スーパーさんが頼りです

人けがナイ
(↑↓ 昼間でも人けのないショッピングモール…にも、最近は見慣れてきちゃいましたよね~~。( ;∀;))

閉店準備

先日、我が家のトイレの電球が突然切れまして。(´;ω;`)
ま、電球が切れるのって、突然なのがフツーですケド。

でも、ウチには電球の買い置きなんてナイんですよね~。困ったナ~~。

で、その夜は、とりあえずリビングルームの電灯に使用中の3個の電球のうちの1個を取り外し、トイレに付け替えて急をしのぎました。 リビングは多少暗くはなるけど、まだ電球2個生きてるからダイジョブ。(^ ^;;

翌日の午後、電球を買いに、いつも行くショッピングモール内の電機店へ行きました。 午後2時半ごろです。
店はまだ営業中で、店内にお客がいるのがガラス越しに見えましたが、でも入り口はもう閉じられた後でした。(;_;)

そういえばコロナウィルスの影響で店が営業時間短縮になってからというもの、その電機店が開いているの、ワタシ見たことなかったかも…。毎日通って観察してるわけじゃナイけど。

仕方ないので、同じショッピングモール内のスーパーマーケットへ、いつもの食料買い出しへと回り、スーパーで電球も買うことができましたよ。
スーパーで買えるなら、最初からスーパーへ行けば良かった。”(-“”-)”

何が言いたかったのかというと、午前は毎日フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)で過ごすワタシにとって、閉店中や営業時間短縮の店が多いこのご時勢、「スーパーマーケットが無かったら、生きていけない。スーパーさんがワタシの命綱☆」ということデス。
( ;∀;)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂