ハンガリー人のお名前

マロシ・アーダム

日本ではマイナー競技ながら、ハンガリーは地味にそこそこ強かったりする陸上近代五種競技。別名を「キング・オブ・スポーツ」という。
その近代五種(男子個人)で、ロンドンオリンピックの銅メダリストだったのがマロシ・アーダム選手(↑中央のキリッとした若い衆)なのでアル。
(写真はマロシ・アーダム選手がフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)を訪れた2014年に撮影)

ところで、彼の名は「マロシ・アーダム(Marosi Ádám)」。
「マロシ(Marosi)」が姓で、「アーダム(Ádám)」が名前

ハンガリーってば、ヨーロッパのほぼ中央部に位置する国なのにもかかわらず、姓・名の順番で名乗るんです。日本みたいでしょ。

日本では外国の人の名前をたいてい「名・姓」の順で呼ぶから、その方式でいうと「アーダム・マロシ選手」となる。でもハンガリー式は「姓・名」の順だから、「マロシ・アーダム」のほうがオリジナル。

ハンガリーのスポーツ選手では、競泳のカティンカ・ホッスー選手あたりは日本でもそれなりに有名だと思いますが、あの人の名前は「ホッスー・カティンカ(Hosszú Katinka)」のほうがホントなんだョ~~。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

キリリッとね!

フニャ高図書館

日本では全くメジャーではないが、実はハンガリーが地味に強かったりする 陸上近代五種競技。

ロンドンオリンピック(2012年)の 近代五種(個人男子)銅メダリストのマロシ・アーダム選手がフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)に来た時の写真で、近代五種をざっと見ていこうと思いまス。(;^ω^)

5種の競技の内容は、
フェンシング(↓)
フェンシング

乗馬(↓)
乗馬1

乗馬2

水泳
(水泳の写真はナイの、ごめんなさいね。)

レーザーラン(射撃&ランニング)(↓)
ランニング
以上で五種。

競技内容に「乗馬」とか「フェンシング」とか含まれているあたり、なんだかやたらとお貴族様っぽいですニャ~~。(#^^#)

競技の中に「射撃」が含まれているせいか、マロシ・アーダム選手の職業は軍人さんです。(↓)
軍服1

軍服2

キリッとしてますな~♡
カッコイイぜ。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

発掘お宝写真

 
中央・マロシ

日本ではあまりメジャーとはいえない陸上の近代五種競技。
その近代五種競技(男子個人)で、ロンドンオリンピックの銅メダルを勝ち取ったハンガリーのマロシ・アーダム選手…が、フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)を訪れた時の写真を、自分の過去写真から発掘しました。(↑)
(けっこう苦労した。なかなか見つからんかった。)

中央の若いイケメンが銅メダリストのマロシ・アーダム選手です。
左側のオジサンも近代五種の元選手で、どこかのオリンピックの時に近代五種の団体戦でメダルを獲った人。だけど名前は忘れちゃった。(;^ω^)
(ちなみに右側の人は、インタビュアー役の新聞記者の人です。)

ロンドンオリンピックが2012年だっだでしょ。
彼らがフニャ高へ来たのはメダルを獲った後なのは確かなので、2013年以降だったはず…と過去写真を掘り出してみたところ、フニャ高へ来たのは2015年の5月14日だったようです。

ところで、近代五種の5つの種目の中には「馬術」が含まれてるんですよね~。
馬術ってことはだ、このムチャ暑い日本の夏に、選手たちだけでなく、馬たちも連れて来られることになるんだよね? (← …と思ったら、近代五種の乗馬は貸与馬により行われるらしい。自分の馬じゃないんだね。)

しかしこの暑さ…馬、大丈夫なんだろうか…???

そんなことが突然ふと心配になったワタシであ~る。

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

来年度の準備

 
将棋中

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)で昨年度、初めて取り入れたのはた将棋。(↑)
将棋は、今年9月から始まる新年度も地味に継続する予定です。

地味に…とはいえ可能なら、将棋をする生徒の人数を増やしたいと思って、ミニサイズの将棋セットを買いました。
コレ(↓)

HAOCOO マグネット 将棋 折り畳み 日本将棋 将棋セット (将棋盤と駒付)

それから、詰将棋の本も買ってみた。
コレ(↓)ね。

ふみもと子供将棋教室の強くなる詰め将棋

個人的には、将棋で一局ちゃんと指すよりも、詰将棋を解くほうが楽しいかも、ワタシ。なんかパズルみたいで。

来年度、フニャ高の将棋人口を増やすべく準備中デ~ス。(^^;

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

1年後

テレビ

東京オリンピックまで、あと1年~☆

ワタシ、ハンガリーへ行くまで
オリンピック選手を生で見たコトがありませんでした。

つまり、12年前にハンガリーへ行った時よりも前、日本でオリンピック選手を見たことがなかった。…けれども、ハンガリーへ行ったら 早速オリンピック選手にお近づきになる機会があった…ということね。

ワタシがフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)に行った当初のフニャ高の体育の先生が元オリンピック選手だったの。しかもメダリストだよ、スゴイでしょ!
昔、カナダであったオリンピックで、女子ハンドボールで銅メダルを獲得したらしい。

あと、この記事に貼り付けた写真(↑)(↓)は、ハンガリーのテレビ画面を撮ったんだけど、この中に写っている男性も ワタシが生で見たことのあるオリンピック選手です。
近代五種

この人(↑)、近代五種の選手で、ロンドンオリンピックでメダル(←たしか銅メダルだったと思う)獲ったの。で、ロンドン大会の後にフニャ高へ来たことがあるのだ。
その時に見た。

しかし このメダリスト氏がフニャ高へ来たとき、講演もして行ったんだけども、当時ワタシはハンガリー語が全然ダメだったので、何を話していたのか全然分からなかったんだよなぁ…。
(^^;

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂