サンタの日

サンタの日

今日は12月6日、サンタの日です!!

フニャ高(←ワタシの元・勤め先の高校の仮の校名)では サンタの日、サンタクロースとそのお付きの者どもが各教室を巡って、皆にサロンツコルをくれることになってます。
(サロンツコルとは、ハンガリーのクリスマスに欠かせないお菓子。キラキラの包み紙でキャンディ包みされている。)

サンタの日 教室

「サンタの日」、ハンガリーの幼稚園・小学校では、まず間違いなく重要な学校行事として位置づけられていて、児童はみなサンタからのプレゼントもしっかり貰えるらしいんですが、高校の場合は『学校による』らしいです。

つまり、サンタが来ない高校もあるってことです。
(´;ω;`)

上記の通り、フニャ高にはちゃんとサンタが来ます♪
職員室の大きいおともだちのところにも来ます♡

プレゼントはサロンツコル1個だけだったりしますが、そんなことは問題ありません。「サンタが来る」ことが重要なの。(^^;

サンタの日、懐かしいなぁ……。
( ̄▽ ̄)

 
ヨーロッパランキング

余計なお世話

ワルツ

ここで唐突に一句。
サラガヴァトー ワルツは一人じゃ 踊れない
( ̄▽ ̄)

フニャ高(←ワタシの元・勤め先の高校の仮の校名)では、サラガヴァトーのワルツは希望制で、全員強制参加というわけではありません。 パートナーなしで参加を希望してくる「独身」と言われる生徒と、最初からカップルでの参加を希望する生徒とがいます。

最初からパートナーがいて参加する場合は、ホンモノのラブラブ♡カップルたちと、クラスメイトとか、友人関係とか、要はラブ♡なしのカップルたちの2種類がいて、ワタシなんぞは「ラブ♡なし」で参加しておいた方がイイんでないかい??…とか思うわけ。

サラガヴァトーではプロのカメラマンが何十人も入って、写真・動画を山ほど撮るのよ。
ラブラブ♡の場合、サラガヴァトーの後に別れたら、思い出のサラガヴァトー写真が全部黒歴史になりかねないじゃない!?

ま、余計なお世話だよね、こんなのは…。(^-^;

 
ヨーロッパランキング

宴の翌日

サラガヴァトー

フニャ高(←ワタシの元・勤め先の高校の仮の校名)の年中行事の中で、おそらく最も華やかな行事である『サラガヴァトー』。 サラガヴァトーの主役は、学年度末に卒業予定の最上級生たちです。

この辺、各々の高校にもよるんでしょうが、フニャ高の場合は例年11月後半から12月の前半までの期間の週末、つまり土曜日か日曜日の夜に行われます。

だからサラガヴァトーの日は家に帰れるのは、夜10時ごろとかになっちゃうんです。

そうすると、サラガヴァトーの翌日が月曜日の年は、翌朝がツライんだ!!
なにせフニャ高の1時間目は、朝7時半開始ですからね~。
( ;∀;)

でも、サラガヴァトーの主役の最上級生たちは別。
彼らはサラガヴァトーの後、アフターパーティーとかで朝まで騒ぐらしいの。だからサラガヴァトーの主役は翌日は特別にお休みになるんだよね~。

あ、でも今年のサラガヴァトーは コロナ禍だからアフターパーティーは中止になってるかもしれないね…。
(´;ω;`)

 
ヨーロッパランキング

2年ぶり

2018年

明日 2021年11月28日(日)は、フニャ高(←ワタシの元・勤め先の高校の仮の校名)のサラガヴァトーだそうです。

昨年のサラガヴァトーは、コロナで延期になった後、結局中止になってしまったので、2年ぶりのサラガヴァトー。
(この記事に貼った写真(↑)は、2018年のモノです)

ヨーロッパではコロナの再流行で、またもやロックダウンか…と言われてたりするけれど、今のところはハンガリーはまだ大丈夫みたいですよね。 11月初めに来たフニャ高の元・同僚からのメールには、サラガヴァトーに向けて鋭意練習中ってことだったので、何とか無事に終わってくれるとイイな~。
( ̄▽ ̄)

 
ヨーロッパランキング

11月のイメージカラー

11月のイメージ

今となっては懐かしのフニャ高(←ワタシの元・勤め先の高校の仮の校名)校庭。
11月のイメージは、こんな感じ(↑)です。

ワタシの11月のブダペストのイメージは灰色。
しかもどんよりと暗めのグレー。( ;∀;)

11月の初旬はまだ黄葉の名残があるけれど、やがて葉っぱが落ち切って。冬枯れの景色はうら寂しく、さらに冬時間で急激に日は短くなっちゃう感じ。加えてどんよりとした曇り空の日が多いんだよね、ブダペストの11月って!!
(´;ω;`)

12月のほうがもっと薄暗いけど、12月はクリスマスがあるから(←ハンガリー的にむっちゃ大切!)、12月はそれほど殺風景な感じはしないのよね~。
(^^;


ヨーロッパランキング