緑濃く

2018年4月23日

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)校庭の新緑もだいぶ緑が濃くなってきました。 写真は4月23日(月)に撮影。(↑)

上写真(↑)の 向かって左側の緑が濃いほうがマロニエの木。向かって左側の木々はプラタナスです。

今週のマロニエは花盛りでした。(↓)
マロニエの花

すっかり木の芽が伸びたので 景色は美しいものの、遠くへの見晴らしは だいぶ悪くなってきました。(^ ^;;

フニャ高のすぐ前の広場にある『マーチャーシュ王の胸像』さえ、生い茂る木々の葉っぱにさえぎられて見えづらくなってきたよ。(↓)
マーチャーシュ像

 

ほんの1ヶ月前(2018年3月23日)、花芽が膨らみはじめているのにウキウキしていたのが嘘のようですわぁ~~。(↓)
2018年3月24日

もう最近ではワタシ、
「もうこれ以上暑くならないで欲しい~~」…とか思ってますもん。(^ ^;;

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

卒業式が近づいて…

卒業生の招待

先週の水曜日(4月18日)、もうすぐ卒業式を迎える 今年の卒業学年クラスの代表生徒がフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)職員室に「卒業式の招待状」を渡しに来てくれました。(↑)

ワタシとしては、「フニャ高で雇われているんだから、卒業式に出席するのは自分の仕事のウチだ…」という感覚があります。 ゆえに、たとえ招待されなくたって卒業式には出なくちゃならないもの…と思っている。(^ ^;;

でも、フニャ高では毎年しっかりと作られた招待状を、
「私たちの卒業式にご出席ください」・・・と、
卒業する生徒が 手渡しで渡してくれるんですね~。 

招待状

…つまり、主役の卒業生たちにとって フニャ高の先生たちや職員は、「卒業式への招待客」という考え方なんでしょうね。
そんなところが ちょっと日本とは違うような気がして、面白いと思うのです。

ま、実のところは「仕事のウチ」だけどね!!
でも、ご招待してくださっているんだから、喜んで出席させていただく…しかないじゃありませんかぁ~。(^ ^;;

フニャ高の卒業式は、毎年4月末~5月初旬の間に行われます。
今年(2018年)の卒業式は、5月4日(金)です。

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

四連休のためならエンヤコラ、アゲイン!

春

2018年4月21日は土曜日です。
土曜日だけど、勤務日です。(>_<)

本日4月21日(土)が仕事日になるのは、4月30日(月)の代わり。

ハンガリーでは、毎年5月1日がメーデーの祝日でお休み。今年の5月1日は火曜日です。
そうすると、4月28日・29日が土日で、30日(月)がとんで、5月1日(火)が祝日でしょ。 30日(月)さえ休みになれば、四連休に!!

…というわけで、
4月30日(月)を休みにしてやる代わりに、4月21日(土)に働け!!
…ちゅーわけですよ。

わりと最近の3月にも飛び石の連休になる日があって、この方策(↑)が採られました。(←その時の過去記事はコチラ)

ちなみに土曜日が出勤日になった場合、本来ならば代わりになった曜日(←今回の場合は月曜日)の授業が行われるのが適当なんでしょうけれども、今日のフニャ高では授業は行われません。 先生たちだけが出勤して、研修を受けたり、会議をしたりする予定。

生徒たちは登校しません。

つまり生徒は今日も普通に土日休みの週末で、4月30日(月)は先生たちがいないわけだから当然ながらお休みで…。 羨ましいというか、ズルイというか…。(^ ^;;

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

春は劇的に

2018年4月16日

春です。
2018年4月16日(月)のフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)校庭。(↑)

…と、フニャ高前の広場。(↓)
2018年4月16日 像

マロニエの新芽がだいぶのびてきて、新緑の季節になりました~♪
向かって右側の大木はプラタナス。 プラタナスの新緑は、いつもマロニエよりもちょっと遅いです。

でもこの一週間前、4月9日(月)は、まだこんな感じでした。(↓)
2018年4月9日

先週の初めは、まだ景色が冬枯れに近かったんだよね~~。

像

今週は新緑のマロニエだって、先週はまだ新芽が膨らんでるところだったんだよ~。(↓)
マロニエの新芽

春の景色の変化って、本当に劇的☆ですよね。(^ ^)

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

孫ができた!

 

ミクラーシュ
(↑ この写真のお子さんたちは、記事内容には関係のない子どもたちです。)

いやぁ~、ワタシ~~、このたび初孫と対面しました!!
♡(*^_^*)♡

ワタシ、フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)に来てから もうすぐ11年。
毎年新しい生徒たちが入ってくる一方、当然送り出してきた生徒たちもいるわけで…。

3年前に卒業した女生徒に赤ちゃんが生まれました。

フニャ高を卒業したということはハンガリーの成人年齢(18歳)を過ぎているし、その子は基本の4年ではなく、5年かけて卒業するクラスの子でしたので、日本の成人年齢も超えてます。 だから、お母さんになるには早めだけど、早すぎるということはないのだ~。(^ ^)

その子とは今でもフェイスブック友達なので、赤ちゃんが生まれたことは以前から知ってました。 それにフニャ高に遊びに来ていたその子の友達からも聞いていたし。

でも、会ったことはなかったんですよ~。
先週 彼女が赤ちゃん連れてフニャ高に来たので、初めてご対面しました♡

ワタシ、自分の子どもはいないし、結婚もしたことがナイ。 だから見苦しくも ちょっと若ぶっておりますんですけど、世代としては自分がフニャ高生徒にとっては「親世代」だという自覚はアル。(^ ^;;

だから今度 お母さんになった子は、ワタシの子どもと言ってもいい。
…ということは、ワタシの子どもの子どもは孫だ!!

そゆわけで、ワタシに初孫がでけたのでございます。
オホホホホ~~♪

 

人気ブログランキング・ハリネズミ