アトムの未来を生きるワタシたち

シャイン君

最近読んでいた本の中に書いてあったんですケド、『鉄腕アトム』の誕生日は2003年4月7日だそうです。

2003年って、けっこう昔じゃん。…てゆか、アトム、もうすぐ二十歳になっちゃうんじゃん!!

ビックリです。
自分が、アトム誕生後の未来を生きていたなんて…。( ;∀;)

現実世界には、さすがにアトムは飛んでないケド、ドローンとかは飛んでいるよね。
未来だヮ~~。ワタシ、未来人だヮ! (^^;

さて、『未来人』である日本語教師が困ってしまうことと言えば、使っている教科書に出てくる語彙が古くなっちゃうコトとか、ですかね。

さすがに「カセット」とか「フロッピー」とか、はたまた「ポケベル」とかの語彙が出てくる日本語教科書を使っている教室はもはや少ないかしら?(^ ^;;
とはいえ、油断していると、副読本とかにひょっこり出てこないとも限らないでしょ。( ;∀;)

「ワープロ」とか、どう?
少なくとも、ワタシが10年前に使っていた日本語教科書には「ワープロ」という語彙があって、「日本には『パソコン』とも『タイプライター』とも違う、『ワープロ』という機械があったの!」と説明した記憶があります。

今後は、「CD」辺りが微妙になっていきそうな語彙じゃないかと思うんですが、どうでしょうね???
( ;∀;)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

「ハンバーガーが好きです。」…て言ってるもんナ~。

2020年5月30日フードコート

コロナウィルスの影響により、3月から営業お休みしていたショッピングモールのフードコートが、ようやく営業再開されました。
写真(↑)は、2020年5月30日(土)の午後に通りかかったときに撮ったモノですが、その前日の29日(金)から制限解除で営業が始まっていたものと思われます。

このショッピングモールの場合、このフードコート(↑)が地階の真ん中辺りに位置しているので、ココが営業しているのといないのとでは、モール全体の活気が違いますね~。

満席ではなさそうだけど、ずいぶんと賑わってて、2か月の営業休止がウソのよう…。( ゚Д゚)

ところでフードコートといえば、ファストフード店が立ち並ぶ場所。
ファストフードといえば、ハンバーガーショップ。

復活早々のこの賑わいは、やはりみんながハンバーガーを食べたくて仕様がなかったってことなんだろうか…???(;^ω^)

そういえば、フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の日本語クラスで、好きな食べ物のコトとかを言わせると、
「ハンバーガーが好きです」っていう生徒が半数以上を占めるもんなぁ…。
みんなハンバーガーが好きなんだなぁぁ~~???(^ ^;;

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

直すべきか、直さざるべきか…

飾り棚

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の玄関ホールにある我らが日本語クラスの飾り棚。(↑)

この飾り棚、毎年11月に行われるフニャ高のオープンスクールに合わせてリニューアルしているので、2019年の秋に手を加えて今現在はこのような状態です。(↑)

『来年(2020年)は東京オリンピックの年!!』
…とゆーことで、すっごくイイのが出来た☆と自画自賛していたのが懐かしい…。( ;∀;)

飾り付けの時(↓)には、今の休校状態など 夢にも思わなかったですが…。(´;ω;`)
飾り付け中
 

でも、東京オリンピック、延期になっちゃいましたよね~。

TOKYO・2020の部分がぁ……(´;ω;`)

「2020」を、「2021」に直すべきなのかどうか、ただいま考え中です。
…てゆか、コロナウィルスのために休校・自宅学習が続いている現状では、修正したところで見る人もいないんだから、必要ナイか…。( ;∀;)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

悪い癖

鳥居
(↑ 昨年の春、生徒と行った園芸・造園の専門高校の日本庭園には⛩があったョ。)

海外では自分の命の次に大切と言われているパスポート。 そのパスポートの期限切れが近づいているもんで、先日ワタシ、在ハンガリー日本国大使館領事部に電話をかけました。

その時に、電話応対をしてくれた方がですね、ものすごく日本語が流暢だったんですよぉ~~~!!!

日本大使館なんだから、電話の相手は日本人だったんだろうって?
いやいや、アレは日本語のネイティブではなかった!!

あの人、発音完璧だったなぁ~。 だから最初は分からなかったです!!
でも、しばらく話しているうちに、日本語学習者にありがちな言い回しの違和感みたいなものがチラッと出てきたのよね~。 だからあれは日本人ではなかったと断言できる。

実際のところ、日本語は日本人だけのものではなくて、日本語を流暢に話すことができる非・日本語ネイティブって、けっこう居るものです。
ヨーロッパには、現地人の日本語教師もいっぱい居るしね。

で、そういった日本語を外国語として学習したのにも関わらず、やたらと日本語が流暢な人を見つけると、ワタシは
「どうやって日本語勉強したの? どんな練習した? 難しかったのはどんなところ? 読み書きのほうはどう?(←なかには話すのは得意だけど、書くのは苦手という人もいるから。) 『きゃりーぱみゅぱみゅ』って3回続けて言える?」
…と、このような質問をしたくてたまらなくなるのですじゃ。

職業病的悪い癖だと思っております…。( ;∀;)

 

人気ブログランキング バナー 国会議事堂

「あけおめ」とか言ってしまうと…

ひらがな
(↑ 割合としては書かされることを嫌う生徒が多いが、書くのがイヤでない生徒は放っておいても書きたがる一例。言われてもいないのに濁音まで書いてる。)

2020年が明けました。
改めまして、みなさま
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたしま~す。
m(_ _)m

さて、ハンガリー語での新年のあいさつ言葉は
 Boldog Új Évet Kívánok!
各単語の頭文字をとり、略して BÚÉK!

新年明けの授業で、
日本語で新年のあいさつは
「あけましておめでとうございます。」
…と、教える。ここまでは良し。(^ ^;;

それに加えて、
「BÚÉK!みたいに略すと「あけおめ」だよ。」
…と教えてしまうと、もう生徒は「あけおめ」しか言わなくなるのです。( ;∀;)

「あけましておめでとうございます」と、しっかり言えるようになって欲しいと思うワタシとしては、「あけおめ」も教えるかどうか、悩むところじゃ。 でも略語ってものは、便利だしなぁ。

個人的に、日本語学習者に「パーソナルコンピューター」という語彙はあえて必要ナイかもしれないケド、「パソコン」っていう語彙は必要だと思うし?

でも近頃の生徒は、けっこうアニメとかで言葉を自習しているから、教えなくっても「あけおめ」って知ってるかもしれないケド~~? (^ ^;;

 

人気ブログランキング・ハリネズミ