ハンガリーで「日本のサクラ」と言った場合…

八重桜

ハンガリーでも時々見かけることができるサクラで、ハンガリー人が日本のサクラだと思っている桜は、こういう「八重桜」(↑)だったりする。

以前、日本の桜を見られるから…と、植物園へ連れて行ってもらったときも、 そこにあったのは八重桜でした。(^ ^;;

八重桜2

この八重桜は、フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)前の広場にヒョロッと一本だけ生えているヤツです。(↓)
八重桜3

昨年、フニャ高前の広場では大々的な改修工事が行われて、木々や茂みが だいぶ大伐採されちゃったんだけど、この八重桜(↑)は残されたの。

まだまだ桜の木としてはショボイ大きさだけど、残されて良かった♪
v(^ ^)v

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

緑濃く

2018年4月23日

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)校庭の新緑もだいぶ緑が濃くなってきました。 写真は4月23日(月)に撮影。(↑)

上写真(↑)の 向かって左側の緑が濃いほうがマロニエの木。向かって左側の木々はプラタナスです。

今週のマロニエは花盛りでした。(↓)
マロニエの花

すっかり木の芽が伸びたので 景色は美しいものの、遠くへの見晴らしは だいぶ悪くなってきました。(^ ^;;

フニャ高のすぐ前の広場にある『マーチャーシュ王の胸像』さえ、生い茂る木々の葉っぱにさえぎられて見えづらくなってきたよ。(↓)
マーチャーシュ像

 

ほんの1ヶ月前(2018年3月23日)、花芽が膨らみはじめているのにウキウキしていたのが嘘のようですわぁ~~。(↓)
2018年3月24日

もう最近ではワタシ、
「もうこれ以上暑くならないで欲しい~~」…とか思ってますもん。(^ ^;;

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

目立たずに、控えめに…

控えめな花

このところ「春というよりも初夏!!」という感じのするブダペストです。

近頃は、暖かいというよりも、暑いといったほうがイイ感じ。
今年は春先の開花は例年よりもだいぶ遅めだったけど、このところの暑さのせいで、春の花々が次々と開花しては、めまぐるしく散っていきます。(^ ^;;

そんなある日、道を歩いていて ちょっと花の香りがしたと思ったので見回してみたら、咲いていたお花。(↑)(↓)
控えめな花2

けっこうキレイ♡…と思うんですが、花の色が周囲の葉っぱの色と似ているので、花が咲いていても目立たない。 全~然気がつかなかった!!

控えめな花3

なんて控えめな花なのでしょう~~。(*^_^*)

しかし、お花に顔を近づけてクンクンしてみたけど、香りを感じることができなかったです。 ワタシ、あまり鼻がきくほうじゃないから、花の香りがしたと思ったのは、気のせいだったのかなぁ…?

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

タンポポポポポ☆

タンポポ

タンポポの群生地。(↑)
も、スゴ過ぎて、数えてみる気も起こらないケド、この写真の中に 一体いくつのタンポポの花が写っているのであろうか…。

ホント、
お暇と根気のある方は、数えてみたらいかがですか~?(↓)
タンポポ2

でも後で、
「あのクイズの答えはいくつだ?」とか、ワタシに聞かないでね。
ワタシは知らないからね!!(^ ^;;

ようやく新緑の季節を迎えているブダペスト、地面はタンポポの躍進が著しく、これらの写真(↑)の場所だけではなく、こんな感じにタンポポが咲き誇っている場所がそっっっこら中~~に見られる今日この頃です。
タンポポの生命力って、スゴイなぁぁぁぁ!!!!

タンポポを原料に不老不死の薬でも作れるなら、原材料が枯渇するようなこともなく全人類にその薬は行き渡るのではなかろうか…な~んてコトを夢想するのであった。(^ ^;;

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

 

春は劇的に

2018年4月16日

春です。
2018年4月16日(月)のフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)校庭。(↑)

…と、フニャ高前の広場。(↓)
2018年4月16日 像

マロニエの新芽がだいぶのびてきて、新緑の季節になりました~♪
向かって右側の大木はプラタナス。 プラタナスの新緑は、いつもマロニエよりもちょっと遅いです。

でもこの一週間前、4月9日(月)は、まだこんな感じでした。(↓)
2018年4月9日

先週の初めは、まだ景色が冬枯れに近かったんだよね~~。

像

今週は新緑のマロニエだって、先週はまだ新芽が膨らんでるところだったんだよ~。(↓)
マロニエの新芽

春の景色の変化って、本当に劇的☆ですよね。(^ ^)

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア