アリさん列車、乗ってみたい♪

アリさん列車

見て見て、コレ!(↑)
楽しそう~~♪
「アリさん列車」ですってサ♡

2020年6月13日(土)に行ったドナウベンドの森林トレッキング。
その出発地点にあったんです。

ま、コロナ禍のせいだと思うけど、6月というトレッキングには絶好のハイシーズンにも関わらず、ワタシが訪れた時には営業してなかったんですケド。(´;ω;`)
休業中
列車も人もいない駅~~(↑)

アリさん列車、営業していなかったのに、なぜ一番上に貼ったような写真があるのかというと、駅のパネル写真を撮影してみたら、まるでアリさん列車を目の前に その場で撮ったかのように、上手いコト写真が撮れてしまった…というオチでした。( ;∀;)

アリさん列車、大人でも乗せてもらえるらしいので、また行く機会があったら乗ってみたいです。♡(⌒∇⌒)♡

 

人気ブログランキング・ハリネズミ

ウチの子優秀、30倍ズーム☆

ドナウベンド

ハンガリー、ドナウベンドの車窓からコンニチハ。(↑)

ブダペストからちょっと北のほうへ行ったところにある「ドナウベンド」は、大変風光明媚な地域です。
ブダペスト西駅から1時間足らずで行けるので、日帰りトリップにもおススメ。

駅

ドナウベンドの名所の一つ、『ヴィシェグラード』には昔の城跡があります。(↓)
ヴィシェグラード

これら写真(↑)(↓)は、『ヴィシェグラード』からドナウ川をはさんで対岸にある「ナジマロシュ‐ヴィシェグラード(Nagymaros-Vsegrád)」という長い駅名の駅辺りから撮りました。

つまり『ヴィシェグラード』の城跡からは、だいぶん離れた場所から撮っているんです。なにせ川の対岸ですからね!

でもワタシのカメラの優秀なズームをもってすれば、これこの通り!!(↓)
ズーム

まだまだイケる!!
ズームズーム

コレ(↓)がズーム最大!!!
ズーム最大
城跡にいる人の姿まで写ってるじゃん、スゴ~イ!!
しかも電車の車窓、ガラス窓越しですョ~~。

実を言うとワタシ、『ヴィシェグラード』そのものには いまだに訪れたことがナイんですけど、コレ(↑)だけしっかり見れれば、もうわざわざ『ヴィシェグラード』まで行かなくってもイイような気がしてきたわ~。ヾ(  ̄▽)ゞ

なんて優秀なワタシのカメラ☆
この子(↓)ョ~♡♡♡


ソニー SONY デジタルカメラ DSC-WX500 光学30倍ズーム 1820万画素 ブラック Cyber-shot DSC-WX500 BC

ワタシがこのカメラを入手したのは昨年(2018年)夏だったけど、その頃からほとんど値下がりしてないみたい。 きっと優秀な子だから値下げしないんだわ。そう思う。(^ ^;;

 

人気ブログランキングバナー・マグノリア

 

ゼベゲーニのカボチャ祭り

 

ゼベゲーニ

先週の土曜日(9月24日)は、ちょっとブダペストの外までお出かけして、ドナウベンドの小さな町「ゼベゲーニ」へ行ってきました。

「ゼベゲーニ」では、『カボチャ祭り』開催中でした♪
ゼベゲーニ カボチャ祭り

『カボチャ祭り』っていっても、ま、食べ物や名物品の屋台店が並んでいる普通の祭りです。(^^ゞ
ゼベゲーニは、ブダペストと違って人口も少ない小さな町だし。 だから人出の多さや何かから考えたら、ウチの近所の祭りのほうが盛大なくらいかも。
でも、ブダペストとは違う のどかさ、人出が多すぎないところなんかもイイ感じでした。(^_^)v

余談ですが、9月から10月前半くらいまでの期間は、週末ごとにこのような祭りが あちこちで開催されています。 その気になれば、毎週末 お祭りのハシゴが出来る。 地区ごとに祭りをしているので、一日のうちで祭り巡りをするのも可能なくらいデス。(^^ゞ

で、ゼベゲーニのカボチャ祭り。
カボチャ祭りなので、ディスプレイはカボチャ!! (↓)
カボチャステージ

ヒョウタンみたいなカボチャがいっぱーい♪(↓)
カボチャがズラリ

カボチャ吊り

吊りカボチャ

飾り用のカボチャも売ってました。(↓) 買わなかったケド。(^^ゞ
飾りかぼちゃ

長い~~~~~~~~~~!!!(↓)
長いカボチャ

可愛い。とってもカワイイ♡(#^.^#)♡ (↓)
カワイイカボチャ

カボチャ雑貨

ゼベゲーニのカボチャ祭り、あんまり期待してなかったケド、なかなか楽しかったデス。v(^_^)v

 

人気ブログランキング バナー ローズヒップ

 

空から見えた『ドナウベンド』


 

ドナウベンド
8月19日、LH1340便の窓から見えた川の写真。(↑)
間もなくブダペストに到着する時間帯だったことと、空からしっかり見える大河であることから、「コレは たぶんドナウ川であろう」と予想しつつ撮影。

予想的中☆ ドナウ川でした。

川筋が大きくカーブしている場所だったため、どのあたりの場所なのかも判明しました。 これは『ドナウベンド』と呼ばれている地域です。

 

地図で見ると、この辺り。(↓)

 

その辺の特徴ある部分をトリミングしてみた写真。(↓)
ドナウベンド2

どうでしょう? まさにこの場所で、間違いないと思うんですが…。(^_^)

 

今回の写真には写っていませんが、
写真にある辺りを左(西)方向・上流へ行くとエステルゴム、
右方向・下流へ進むとセンテンドレがあります。
banner(6)
エステルゴムには『スズキ』の工場があって、
センテンドレはブダペストから日帰りで行くのに便利な
日本人にも人気の観光地です。