『離れられない間柄』ゆえの受難

シャインくん

クマのシャインくんとワタシは離れられない間柄なので、ワタシはシャインくんを写真を撮りたいときにはすぐに取り出せる手近なところに置き、かつ、失くさないように持ち歩かなくてはなりません。安全だからといって、飛行機の預け荷物のトランクの中に詰めたりはしないのであります。でも、絶対に、絶対に、うっかり失くしたりするわけにはいかないの。なにせ離れられない間柄だから。(←しつこい)

今回 日本への帰省中にワタシは、肩掛けバックorウェストポーチの2wayに使えるバッグを買いました。常に携帯していなくちゃならない身の回り品はそのバッグに入れて、肌身離さず持ち歩こう…という作戦です。常に携帯する身の回り品というと、人によっては化粧品とかだったりするのかもしれませんが、ワタシの場合は「カメラとシャインくん」がそれに当たります。

新しいバッグには前面に大小のポケットがあるので、大きいポケットのほうにはカメラを入れ、小さいポケット(本来はケータイ電話を入れるためのポケットかと思われる。スマホだと入らないと思うケド。)にシャインくんを…。(↑)

シャインくん、きつそうです。(>_<)
でも、シャインくんと生き別れになるよりもマシよ!! そうでしょ、シャインくん!?
シャインくん

さらに、ふたが閉まらないので頭まで押し込んでみました。(↓)
シャインくん

ぎゅうぎゅうぎゅう……… 苦しいよぅ(↓)
シャインくん

狭いポケットから解放された時のシャインくん(↓)
シャインくん
………気のせいか、シャインくんの目が虚ろなような……

シャインくんとワタシは『離れられない間柄』ですゆえ、いざとなったら狭いポケットのなかでギュウギュウにすることも辞さない決意のワタクシですが、このポケットに押し込むのは「どうしても必要な非常事態の時」にしておこう…と思いました。
このワタシと『離れられない間柄』になったがゆえのシャインくんの受難……

banner(6)


ワタシの旅のお伴

飛行機 成田

最近ブログをお引越ししたところなので、この機会にワタシの旅のお伴(↑)を紹介します。…とはいえ、このブログの訪問者は以前のブログ『ハンガリー試行錯誤』から来てくださっている方がほとんどだと思うのでいまさら…な感じがしないでもありませんが…別にイイ…ですよね?

このブログの写真に頻繁に現れるクマのぬいぐるみは「シャインくん」という名前で、ワタシalmakkiiの旅のお伴です。「旅のお伴」なので、ワタシがどこかへ旅行するときは必ず一緒です。一緒に行かなくちゃいけません。いけませんったらいけません。逆にシャインくんが一緒でなくちゃalmakkiiは旅行に行かない…と言ってもいいかも。
旅行というほどではなくても、たとえば近所を散歩…というような時でも一緒のことが多いです。でも、職場へは滅多に連れて行くことがないので、24時間ずっと一緒というほどでもありません。

ですが、職場へは連れて行かないと言っても、職員旅行のような職場の旅行の時には一緒に連れて行って、憚ることなく写真を撮りまくりなので、別に職場の人には内緒にしているわけではありません。公認パートナーです。シャインくんと最初に旅に行ったのはたぶん2001年だったと思うので、かれこれ10年以上一緒です。もう離れられない間柄なの。

ワタシ自身はそれにすっかり慣れきっているのですが、ワタシが左手にシャインくんを構えて写真を撮る姿は それなりに人目をひいてしまうようで、時々馬鹿にされることもあるんですが、気にしない気にしない。離れられない間柄だもん。

シャインくんは旅のお伴なので、シャインくんとの出会いも何処かの旅先で…とかドラマチックだったら良かったんですが、実際は地元のショッピングセンターの雑貨屋さんで、昔、母に買ってもらいました。地元に帰ると、ショッピングセンターは今もありますが、その雑貨屋さんはもうとっくの昔になくなってしまいました。

持ち主のワタシが言うのも何ですが、シャインくんは笑顔がとってもナイスな子なので、どこへ行っても人気者なんです。一度は飛行機の中で、美人客室乗務員のかたに「きゃ~カワイイ♡」って褒めてもらったことだってあるんですぜ。エッヘン、どんなもんだい。(機内では『機内食と一緒に写真に納まる』という任務があるため、シャインくんはワタシのヒザの上に転がっていた…のが美人の目に留まったのだった。)

banner(6)